時代劇

NHKラジオに中原昌也氏が出演しており、起きがけに布団の中で聴く。中原君選曲の数曲と、いつもと同じ語り口調は普通の昼のお茶の間を奇異な空間に持って行って面白かった。

関西に来ると東京では中々お目にかかれない時代劇が再放送されていて、これが楽しみの一つ。早朝なので観るのが大変だが「鬼平犯科帳75」は丹波哲郎が鬼平を演じる1975年のドラマ。古今亭志ん朝も出ており音楽は山下毅雄。普通の時代劇と違うのはこの山下毅雄の音楽によるものと確信、最高。「長崎犯科帳」、こちらには大好きだった萬屋錦之介と田中邦衛、火野正平らが出演。音楽は自分的には意外な矢野誠で興味深い。タイトルバックも秀逸、素晴らしいなと見惚れていたら実相寺昭雄によるものだった。 

タイトルとURLをコピーしました