先日はストリングラフィ奏者の鈴木モモさんと共演。
会場内には絹糸が張り巡らせてある。糸が発する音はアンプとして設置されている紙コップや金属製の筒から増幅され出力される。紙コップはスピーカーのコーン紙みたいでエイジング度合いによって音色も変わり、金属筒はリバーブユニットの役目もあり壮大に響く。まるで人や動物の声、雨や風みたいな音、そして音階が出る。会場内に長く張られた糸に沿い両手を上げ下げし、時に屈みながら移動・演奏する姿は舞踏の様にも見える。

笑い話としては演奏以外の時に会場内で自分は度々ストリングラフィの糸に引っかかった。
しかも、うっかり何回も。クモの巣にかかった羽虫みたいに。

タイトルとURLをコピーしました