虫の声

この季節の楽しみの一つが虫の声。
虫達の声の重なりは良質な電子音楽、ミニマルに通ずる。

深夜ひっそり窓を開けて虫の声を目をつむりながら聴いていた。
白玉で鳴き続けるドローン担当の声の上に更に声が重なるポリリズムが堪らない。
リズムを牽引している一匹はピッ、ピッ、ピッ、ピッとBPM140前後で正確に鳴き続けている。

カラスの鳴き声や新聞配達のカブの音が混じってきたなと目を開けると空が明け始めてきていた。
虫の声のライヴはそろそろ終演の時。
小鳥達のライヴにスイッチする時間。

タイトルとURLをコピーしました