街のサウンド

京都を散歩していると興味深い音に出会うことがある。
おじさんが歩きながら打つ拍子木のカチンカチンという音、
寺の鐘がゴ〜ンと鳴る音、托鉢僧のホーホーという声・・・
鴨川や高瀬川のサラサラした控えめな川の流れの音も良い。
鴨川では楽器を演奏している人も多いが、個人的にあの風景に一番合うのは篠笛だと思っている。
鴨川で吹いてみたくなって先日篠笛を手に入れた。
満月の夜、鴨川を挟んで西岸にイアン・アンダーソン、そして東岸に牛若丸が立ち、
横笛でお互い会話をしているというイメージが浮かんだ。

タイトルとURLをコピーしました