数年ほど前からギターを弾き始めて間もない頃感化されたクリームやツェッペリンなどのギターサウンドを再確認している。
あの時代のギターサウンドはまるで兵器。スカッドミサイルみたいに街を破壊するのではなくて、世界の既成概念を打ち破っていったはず。
大型アンプが売れない昨今、小音量の音楽が流行りに感じられるので、今こそ大型アンプをフルテンで自身の民族音楽を弾きたい。

タイトルとURLをコピーしました