Nov.19

健さんに続いてフランス映画社破産の記事を見たけれど、青春時代にゴダールやジャームッシュ、ヴェンダースなどを観てきて「これからも良い映画よろしく」と負債額3800万円ポン!と払ってくれる気概のある金持ちは居なかったのかね、この国には。
今の世の中、表立つシーンには映画も音楽もアートもロクな物無いから、これが答えなのかな。

タイトルとURLをコピーしました