鳥男

たまに河原にアコギを持って弾きに行くが川にいる鳥に気持ちを向けながら弾いている。
中にはこっちの音に反応を見せる鳥もいる。自分も鳥の動きやさえずりに反応して弾いたりする。
そのせいか餌などあげていないのに前より鳥が自分の周りに集まってくる。 
三十羽近くも周りに集まると飛び立つとき迫力がある。
しかし、最近はぐっと冷え込んできたので夕方河原で弾くのは手が辛い。
屋内の部屋で一人弾くより屋外の河原で弾くほうがギターを鳴らす訓練にはいい。
自然の環境で弾いてるとMajor7とか2−5進行とかの音があまり環境に合わないなーと思う。
世界の民謡で多く使われているペンタトニックやワンコードが自然では合う。




タイトルとURLをコピーしました